スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒濤のDTM機材・ソフトレビュー 〜機材編〜

こんにちは。代表のキョド(冴来浩人)です。
今日はちょっとタメになる記事を書こうと思います。

2014年への年越しまで残りわずかとなりました。
僕の来年の第一目標は「節制」です。今年はやたらとお金を使いすぎました。
特にセール時のプラグイン購入欲が抑えられず, その日初めて知ったプラグインでもポチポチしていたら
すっかり口座が寂しくなってしまいました。クレジットカードは怖いです。

この多大な出費を無駄にしないように、今まで購入した機材・ソフトのレビューを書き並べていこうと思います。
言うまでもないことですが,
これらは僕が色々な機材を買い, 実際に試し, 他の同種の機材と比べて初めて分かった, 僕にとっての価値
だということです。ですのであくまでも参考になればいいなと思います。
あと、直接出音に絡むものには使用楽曲を書いておきました。僕のサウンドクラウドは<こちら>

まずは機材から。(この記事は読みやすいように前編を後にして投稿しています)

<機材編>
メーカー機材名種類オススメ度
SHURESM58マイク★★★★★
MOTUAudioExpressオーディオIF★★★★☆
SHURESRH440ヘッドホン★★★★☆
AKGK272HDヘッドホン★★★☆☆
RolandDUO CAPTUREオーディオIF★★★☆☆
FOSTEXPM0.4nモニタースピーカー★★★☆☆
ALESISQ49MIDIキーボード★★★☆☆
NovationZero SL MkIIフィジカル
コントローラ
★★★☆☆
BehringerB-2 proマイク★★☆☆☆


・SHURE SM58 (マイク, ★★★★★)
使用楽曲: プチ・ギャンブル, キミとミライ
言わずと知れたダイナミックマイクの定番です。
ものすごく無難に録れます。
「無難に録れる」ということがどれだけ貴重なことか, 後々思い知らされることになりました。

・MOTU AudioExpress (オーディオIF, ★★★★☆)
使用楽曲: 全部
MOTUのコンパクトなIFです。
音質や操作性だけを考えればまったく問題ないのですが, バンドを録るにはマイクプリ4つは欲しいです。
同メーカーの4preはMIDI入出力が無い分マイクプリが4つ搭載されているので, こっちを買った方がいいと思います。
サウンドハウスではほぼ同価格になっているので。

・SHURE SRH440 (ヘッドホン, ★★★★☆)
モニター用途には何ら問題ありません。
リスニング用途でもパンチのある音で楽しむことが出来ます。
低音が強めで飽和ぎみになるのでミックスに使う場合は注意。

・AKG K272HD (ヘッドホン, ★★★☆☆)
値段の差もあって, SRH440よりこっちの方がミックス用途には向くかもしれません。
音の残響感が聞き取りやすい印象があります(つまり空間系の調整にいい)。
しかし低音が弱すぎる感は否めず, 制作用に使っているとはいえ
音の鳴り方がまったく好みじゃないので3つ星にしました。

・Roland DUO CAPTURE (オーディオIF, ★★★☆☆)
安いこと, 持ち運びに便利なことだけが取り柄のオーディオIFです。

・FOSTEX PM0.4n (モニタースピーカー, ★★★☆☆)
制作では確認程度に使っています。
おそらくメインのモニターとして使うには不十分かと。

・ALESIS Q49 (MIDIキーボード, ★★★☆☆)
鍵盤のタッチがショボく, ホイールは壊れやすいです。

・Novation Zero SL MkII (フィジカルコントローラ, ★★★☆☆)
ハードとしてのクオリティは値段相当です。
しかし, このフィジコンをDAWで使う際にインストールすることになる「Automap」が悩みの種。
Automapはインストールされているプラグインを読み込み,
フィジコンが認識できるように加工したバージョンを複製してDAWに読み込ませます。
そのため, プラグインの読み込み時間が倍になります。
さらに, Automap自体の挙動が若干不安定なため, すぐにアンインストールしたくなりますが
そうするとプロジェクト内でAutomapバージョンを挿していたプラグイン部分が使えなくなります。
ご利用は計画的に。

・Behringer B-2 pro (マイク, ★★☆☆☆)
使用楽曲: ただ君に恋して, Dancing in the Night
並外れた安さでおなじみのベリンガーが販売するコンデンサーマイクの最上位機種です。
ボーカルを録るのに何度か使いましたが, 高音域がジリジリして処理に苦労します。
結果声がロボットのようになるのでテクノポップなどには意外と使えるのかもしれませんが,
なるべくリアルに録りたい僕にとっては使い物になりません。
もうちょっとお金を出してオーテクあたりを買えば良かったと強く後悔しています。

次回(記事の順序的には前回)はソフト編です。
スポンサーサイト

怒濤のDTM機材・ソフトレビュー 〜ソフト編〜

続いてソフト編です。
<ソフト・音源編>
メーカーソフト名種類オススメ度
ToontrackSuperiot Drummerドラム音源★★★★★
XLN AudioAddictive Drumsドラム音源★★★★★
PREMIER SOUND FACTORYBass Premierドラム音源★★★★★
A|A|SStrum Electric GS-1エレキ音源★★★★☆
EastWestQL Symphony Orchestra
Gold Edition
オーケストラ音源★★★☆☆
PREMIER SOUND FACTORYPiano Premierピアノ音源★★★★☆
Cakewalk(Roland)Z3TA+2シンセサイザー★★★☆☆
A|A|SStrum Acoustic GS-1アコギ音源★☆☆☆☆


・Toontrack Superior Drummer (ドラム音源, ★★★★★)
使用楽曲: 秋風のフィーネ
値が張るのとプリセットが無い(!)以外は優秀なドラム音源です。
静かな曲から激しい・重い曲まで全部カバーできます。
拡張音源がたくさんあります。課金ゲーです。

・XLN Audio Addictive Drums (ドラム音源, ★★★★★)
使用楽曲: キミとミライ, あじさい, ただ君に恋して
Superior Drummerを買うまで, この音源には★2つをつけようと思っていました。
どんなにしても浮くハイハットが最大の難点。
プリセットも作り込まれ過ぎていて自分の好きなように調整することが難しく,
プラグイン内部のマスターでねじ伏せてあるものはパラアウトすると音が痩せます。
しかし, オケのうるさい曲にハマった時の格好良さは天下一品です。
独特のキーマッピングも慣れれば使いやすく, 表現の幅がグンと広がります。
あと, やけにカウベルの評判がいい(笑)

・PREMIER SOUND FACTORY Bass Premier (ベース音源, ★★★★★)
使用楽曲: キミとミライ, あじさい, ただ君に恋して, Dancing in the Night, 秋風のフィーネ
これはソフト音源というより, KontaktやEXS24などのサンプラーで読み込めるサンプリング音源です。
ジャズベースの音源なのですが, とにかく音が太くてキレイに鳴ります。
ロックに使うには高音域が物足りないので, EQで持ち上げるかファズやエキサイターで足すといいでしょう。

・A|A|S Strum Electric GS-1 (エレキ音源, ★★★★☆)
使用楽曲: あじさい, ただ君に恋して
頻繁に安売りするギター音源です。そろそろ新バージョンが出るかも。
B3以下の鍵盤でコードを押さえ, C4以上の鍵盤を押すと
そのキーに割り当てられた奏法(ストローク・カッティング・ミュート)で演奏できる, というものです。
バックギターの打ち込みの効率・再現度がグンと上がります。
しかし, ギター音源の例に漏れず音はショボく, 内部のアンプシミュレータは悲惨な出来です。
EQで生音を加工したあと, Amplitubeなどのアンプシミュレータに入れるのがよいと思います。

・PREMIER SOUND FACTORY Piano Premier (ピアノ音源, ★★★★☆)
使用楽曲: Dancing in the Night, 秋風のフィーネ
これもBass Premierと同じサンプリング音源です。
ジャズピアノの音源で非常に暖かく美しい音が出ますが, 多数の音を同時に鳴らすとホワイトノイズが聞こえます(!?)。
他のピアノ音源と毛色が違うため定石が当てはまらず, 音作りが非常に難しいです。

・EastWest QL Symphony Orchestra Gold Edition(オーケストラ音源, ★★★☆☆)
使用楽曲: あじさい, 秋風のフィーネ
割と上質な音がなるオーケストラ音源です。コストパフォーマンスはいいと思います。
しかし, このGold Editionではステージマイクしか収録されておらず,
アニソンに混ぜるようなキレのあるストリングスを再現しようとすると混ざらず苦労します。
Platinum Editionにはクロース(近距離)マイクが収録されているのでそちらをどうぞ。

・A|A|S Strum Acoustic GS-1 (アコギ音源, ★☆☆☆☆)
ノーコメント

<ソフト・エフェクト編>
メーカーソフト名種類オススメ度
A.O.MInvisible Limiterマキシマイザー★★★★★
WavesSilverバンドル★★★★★
WavesVocal Riderボーカル用★★★★☆
IK MultimediaAmplitubeアンプシミュレータ★★★★☆
Slate DigitalThe Virtl Console Collectionシミュレータ★★★★☆
Slate DigitalVirtual Tape Machineテープシミュレータ★★★☆☆


・A.O.M Invisible Limiter (マキシマイザー, ★★★★★)
使用楽曲: 全部
非常にいいです。つまみをひねるだけで音圧が上がります。
音量を上げずに音圧を上げる機能もあり, 音量感に騙されずモニタリングできるのでとても役立っています。
ただ2mixの低音が暴れていると歪みやすいので, 前段までに処理してから挿すといいです。

・Waves Silver (バンドル, ★★★★★)
使用楽曲: ただ君に恋して, Dancing in the Night, 秋風のフィーネ
Wavesのエフェクトプラグインの詰め合わせです。
Renaissance EQ・Compressorは軽量で質のいいプラグインでよく使います。
ステレオソースの定位を決めるWaves S1も必需品です。

・Waves Vocal Rider (ボーカル用, ★★★★☆)
使用楽曲: ただ君に恋して, Dancing in the Night, 秋風のフィーネ
ボーカルのオートメーションを書いてくれる優れものです。
・・・が、世の中そう甘くありませんでした。
結局は自分の思い通りにはならないので修正が必要ですし、
いいミックスをする人たちはもっと手間をかけて緻密なオートメーションを書いています。
しかし時間のない時には超便利ですので持っとくといいと思います。

・IK Multimedia Amplitube (アンプシミュレータ, ★★★★☆)
使用楽曲: キミとミライ, あじさい, ただ君に恋して
課金ゲーです。
デフォのモデルでも十分使えますが,
プラグイン内のショップで売られている拡張モデルとはクオリティの差が露骨すぎます。
あと重いです。でもロック勢は必需品なのでこれかGuitar Rigを買いましょう。

・Slate Digital The Virtual Console Collection (シミュレータ, ★★★★☆)
使用楽曲: 秋風のフィーネ
音にアナログ感を出すプラグインその1です。
使い過ぎるとモコモコになるので注意。

・Slate Digital Virtual Tape Machine (テープシミュレータ, ★★★☆☆)
音にアナログ感を出すプラグインその2です。
僕の感覚では全トラックに挿すものではないし、マスターに挿すのも躊躇われます。
いい感じに音質劣化するので狙っている場合はおすすめです。


以上です。いつも以上の長文になって本当にすみません。
来年もよろしくお願いします。それではよいお年を!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。